WordPressの投稿画面が、レイアウト崩れしてたのは、自動更新の失敗のせいみたい。

WordPress

数日前、WordPressの投稿画面が、レイアウト崩れでめちゃくちゃだった。

「うおっ、なんじゃこりゃ!?」
と、思わず固まってしまった。

ブラウザが悪いのか?
でも、他の画面は、平気みたいだけど・・・?
試しに、更新ボタンを押してみたり、キャッシュを削除してみたが駄目でした。

そうすると、ブラウザではなく、WordPress側に原因があると思われる。

次に疑うべきは、レイアウト崩れを発見した直前にしていたこと。

実は、プラグインを新しくインストールしていた。
これを、まず疑ってみる。

試しに、プラグインを停止してみる。
しかし、変化無し。
削除もしてみたが、同じ結果だった。

そのついでに、他のプラグインを停止させてみるも、変化無し。
更新させた訳ではないので、当たり前か・・・。

ではその次、
プラグインをインストールする前、何をしていたか、考える。

そういえば、WordPressのバージョンアップした。
しかも失敗してる。

プラグインより、こっちの可能性大だね。

管理画面にログイン後、「最新版4.5を入手する」と表示があったので、自動更新をしてみた。
けど、「ファイルのコピーに失敗しました」と表示されて、更新を失敗してしまった。
しかも、数回試して、すべて同じだった。

とりあえず、後で調べようと思って、そのままにしていました。

これを解決したら、レイアウト崩れが直るかも?

どうすれば、解決できるか?

新バージョンの「4.5」に、手動で更新すればいいのかな?
でも、もしかしたら、「4.5」バージョンのバグかもしれない。

一旦、更新失敗前の状態に戻せばいいのかも?と、思った。

というわけで、WordPressのダウングレードをやってみた。
ダウングレードとは、最新版をインストールして、不具合があったときなどに、前のバージョンに戻すこと。

今回、更新の失敗をしてるので、前のバージョンに戻すというのは、ちょっと違うように感じる。
しかし、サーバーのファイル類をチェックすると、中途半端に更新されてるようなのです。

だから、ファイル類を前のバージョンにまるっと戻してあげれば、戻るかな?と。

で、やってみた結果・・・、

戻りましたー!!

いや~、良かった、良かった。

そんなことをここ数日やっていて、気が付いたら、また新バージョンの「4.5.1」が出ていた。

恐る恐る、更新してみる。
そうすると、いともアッサリ更新成功しました。

やっぱり、「4.5」に原因があったらしい。

なんにせよ、無事直って、良かったです。

今回の件で、ダウングレードのやり方を調べたので、また次回にメモしとこうと思います。