WordPressテーマ「Cocoon」なら、ブラグインが無くても旧エディターに戻せた

WordPress

つい先日、新エディターがよく分からず、「Classic Editor」というプラグインを使ってエディターを元に戻しました。

WordPressをバージョンアップしたら、エディターがめっちゃ変化してた
WordPress更新したら、投稿画面(エディター?)が、新しくなってた。見慣れぬ画面にビックリだし、使い方がさっぱ...

しかし、私が使っているWordPressテーマ「Cocoon」ならば、その必要が無いことが判明した・・・。

新エディターを試してみた

新エディターのほうが、これから標準になるわけだから、早く慣れた方がいいかな~って思って、試してみた。

パッと見、前と全然違うから戸惑ったけど、じっくり見れば何となく分かるようになった。
もちろん、参考ブログの解説を見ながらですけどね。

ただ、理解は出来ても、やっぱり使いづらいですね。

今までのテーマ独自の機能とかが使えないので、ちょっとイライラしちゃいます。

使用してるテーマの設定で、エディターが元に戻せたんだね・・・

同じテーマを使っている人は、どうしてるのかな?
と、色々検索してみた。

そうしたら、テーマの公式サイトにタイムリーな記事を発見!!

ブロックエディター(Gutenberg)を使用しないで旧ビジュアルエディターを利用する方法
投稿画面のGutenbergエディターを無効にして旧式のエディターで編集する方法です。

新エディターに関する記事が、いくつか投稿されてました。

その中で上記の記事ですが、テーマ独自の設定画面にて、簡単に元に戻せるとある。

設定画面にて、チェックを外して保存するだけ。
実際試してみたら、ホントに簡単に戻せた。
この間の苦労は一体・・・?

新エディター(Gutenberg)用のプラグインも作成したそうだ

Cocoon Blocks 公開。Cocoon用のブロックエディター対応プラグイン。
ブロックエディター(Gutenberg)に対応した、Cocoon専用のプラグインを公開しました。

上記記事にて、新エディター用のプラグインも作成したそうです。
素晴らしすぎる!!
対応が早くて、ホント感謝です。
まだベータ版だそうですが、先が楽しみです。