WordPressをバージョンアップしたら、エディターがめっちゃ変化してた

WordPress

WordPress更新したら、投稿画面(エディター?)が、新しくなってた。
見慣れぬ画面にビックリだし、使い方がさっぱり分からん・・・。

記事を投稿しようとしたら、未知の画面が・・・

昨日、久しぶりに記事を投稿。
ログインしたらWordPressの新バージョンがあったので、深く考えずに更新しました。
更新後、投稿画面を開いたら、あら不思議。

なんなの?この画面?

これ、どうすればいいの・・・・?

新エディター「Gutenberg(グーテンベルク)」というらしい

どうしていいか分からず、とりあえず調べてみる。
WordPressをバージョン5に更新すると、エディターも新しくなるそうです。
それ以前でも、プラグインとかで使えたそうですが。

そういえば、新しくなるようなことを聞いたような・・・・気がしないでもない。
すっかり忘れてましたよ。
変わると言っても、そんなには変化ないだろうと勝手に思ってたのもあるかな。
ここまで変わるとは・・・。

いきなりブロックがどうのこうの・・・と、言われてもよく分からないんですけど?
文章入力部分が、シンプルすぎる。
文字装飾などのボタンが消えてるし・・・。
ネットの感想とか見てみると、皆さん使いづらいらしく、元のエディターに戻してるみたい。

私も、とりあえず戻してみました。
戻すといっても、バージョンを戻すのではなく、プラグインを入れる方法になります。
Classic Editor」というプラグインです。
プラグインをインストールして、「有効」にすればOK。
これで、無事記事投稿出来ました。
良かった、良かった~。

今後は

ひとまず、プラグインのおかげで、今まで通りの方法で記事投稿できるようになった。
しかし、新しく変わったのだから、今後は新エディターを使うようにした方が良いのかな?

このプラグインも、将来的に無くなるかもしれない?
そんな記事がチラホラと見受けられる。
公式サイトみると、当面は大丈夫そうな感じですけど、絶対ではないよね?
徐々にでも、新エディターに慣れておいた方が良いだろうね。

慣れる前に、使い方がさっぱり分からないので、誰か解説記事書いてくれないかな・・・?
いくつか、簡単な解説記事を見つけたので、そこら辺から勉強しておきます。