Windows UpdateでWindows10に自動アップグレードされてしまう!?

Windows Updateを「自動更新」に設定している人は多いのではないでしょうか?
まあ普通そうだよね。
でも、そうするとWindows10に自動でアップグレードされてしまうかも?
って、朝読んだニュースアプリの記事に、ありました。

でも、その記事をざっくり読んだ感じでは、強制的でもないらしい。
アップグレードする前に、ワンクッションある感じだったので、そんなに気にしなかった。

ニュース記事(YAHOOニュース)

でもその後、家族が
「自動更新にしてると、そのままWindows10になっちゃうかもよ。」
と言ってきました。
ネット上でも、結構話題になってるみたいです。

これは、何とかしないといけないのかな?
と、ちょっと不安になってきました。

今までも、「Windows10を入手する」のウインドウがたびたび出てきました。
ちょっと邪魔だったけど、特に何もせずに、ウインドウだけ閉じてました。

今回、ちょっと心配だったので、Windows10へアップグレードを促す更新プログラムをアンインストールさせました。

アンインストールの方法は、(Win7の場合)

  1. コントロールパネルを開く
  2. プログラムのアンインストールを開く
  3. 更新プログラムのアンインストール(左側メニューにあると思う)を開く
  4. 削除したいプログラムを選び、アンインストール

削除する更新プログラムは、場合(人?)によって違うみたい。

私が家族に聞いたのは、
KB3035583・KB2952664・KB3135445・KB3112343
の4つ。

でも、他の人の情報を見ると、KB3035583・KB2952664の2つだけでいいらしい。

他にも、「Windows10にアップグレード」という更新プログラムもあるらしい。
私のパソコンの中には、無かったが・・・。

それと、アンインストールの前に、Windows Updateの設定にて自動更新をやめておかないといけない。
そうしないと、せっかく削除したのに、またインストールされてしまいます。

こういうのは、マイクロソフトのほうで、ちゃんと知らせて欲しいよね。
はっきりと、
「こうすれば大丈夫!!」
って、教えてくれないと、
「ホントに大丈夫かしら?」
って、ドキドキしながら、設定をいじる感じで、落ち着かない。
あんまりパソコンに詳しくないと、もうされるがままな感じになっちゃうよね。

とりあえず、「Windows10を入手する」のアイコンが消えました。
今後どうなるのかな?

しかし、Windows Updateを手動更新してる状態なので、忘れないように注意しないといけないですね。

インストールさせたくない更新プログラムを非表示にする方法もあります。

そうすれば自動更新にしていても良さそうですが、ちょっと問題もある。
更新プログラムの名前(番号)が同じでも、配信される日付や種類分け(?)が違うとインストールされてしまうかもしれないらしいです。

実際に、私も削除して非表示にしていたプログラムが、またインストールされてました。
どうも削除したプログラムは、マイクロソフトのほうで、「オプションプログラム」から、「推奨プログラム」と変更になっていたそうです。
それで種類が違うということで、インストールされてしまったのかな?と。
かってな推測ですので、間違っているかもしれません・・・。

もう少し、Windows7のまま使いたい。
しばらくは、このまま様子見るしかないのかな・・・。

ブログランキング

ランキング参加中

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告