ヨガマットには、表裏がある

美容と健康について

家での筋トレなどで、ヨガマット使ってます。

今まで使っていたマットが、劣化して変色してきたので、新しいのを買いました。

今更だけど、マットの表裏ってあるの?

マットの両面を見てみると、凹凸などが若干違うよね?

あんまり気にしてなかったけど、どっちが表なの?

家で使うものだから、深く考えず使ってました。
でも、新しく買ったので、改めて気になった。

調べてみると、凹凸の大きいほうが表だそうです。

手持ちのマットを見てみると、ポコポコとした感じのほうが表っぽい。

ちょっと凹凸があるような、粗い網目のような感じのほうが、裏になるのかな?

ずっと反対に使ってました(^^;)

いやだって、マットを丸めるときって、内側が表になりません?
ずっとそう思ってきたから、買った時の内側が表だと思ってたんですよ。

それが、逆だったらしい。
販売されているヨガマットって、外側が表になるように丸めてあるらしいです。

私、巻き方も逆だったんですかね・・・?
いやでも、よく敷いた状態のものを、そのままクルクル丸めてるのよく見かけるよね?
どっちでもいいのかしらね?

例外もあるらしい

「ヨガマット」と一言で言っても、色んな商品が出ています。

両面が表として使えるリバーシブルなマット。
裏がツルツルなマット。
マークやラインなどが入っているマット。

これだと、表裏が分かりやすいですね。

凹凸も、そんなに無いものもあるらしい。

値段もピンキリでビックリです

今回マットを探しているとき思ったのは、ホントに種類が豊富なこと。

値段も、千円しないものもあれば、1万超えてるものもありました。

ヨガマットに1万・・・・。

どんだけ高性能なんだろう?

私は、家でちょっと筋トレするくらいなので、980円(税込み)の安めのものを買いましたよ。
ヨガをやる訳で無いし、持ち歩くわけでも無いしね。