Windows10でも「JTrim(ジェイトリム)」が使えます

長年愛用してます「JTrim」

「JTrim(ジェイトリム)」は、フリーの画像編集(加工)ソフトです。

公式サイトWoodyBells
(「JTrim」は、「窓の杜」や「Vector」などからも入手できます。)

もうずっとお世話になってます。

正直な話、別のソフトに乗り換えようかと思ったことも、しょっちゅうあります。
なんせ、最終更新日が2007年と古いので・・・。

しかし、やっぱり簡単で軽いので、戻ってしまいます。
Windows10にしてみて、さすがにもう使えないかと思いましたが、無事?使えました。

私がよく使うのは、

  • モザイク加工
  • 切り取り
  • サイズ変更
  • 画像の連結
  • Exif情報の削除

くらいですかね。

他にもいろいろ出来るのですが、大抵この5つを使います。

今のところ、Windows10では、ファイルプロパティからの個人情報削除が出来ない状態です。
なので、重宝しています。

Windows10にて、画像ファイルのプロパティや個人情報を削除出来なくなった。
画像ファイルをブログなどにUPするとき、Exif情報などを削除するようにしてます。 その方法は、いろいろあります。 私は、画像編...

ちなみに、私は、セットアップ版ではなく書庫版を使ってます。
あんまりインストールとかって好きではないので・・・。

JTrimにて、Exif情報を削除する方法

jtrim01-20160726

サイズ変更など加工した後、「名前を付けて保存」を選ぶ。
右下にある「設定」をクリック。
「保存オプション」が開くので、「Exifデータを保持する」のチェックを外す。

そして任意の名前で保存すれば完了です。

または、

  • 「ファイル」メニューの中
  • 「イメージ」メニューの「JPEG品質」の中。

この2つの中にも、「保存オプション」があるので、そこで設定できます。
保存オプションの設定後、ファイルを保存すれば、削除できてるはずです。

Exif情報、特に位置情報は、いろいろ活用できて便利なものだと思う。
しかし、私は使うことが無いです。
それに、ブログやSNSにあげるのには、心配ですよね。

なので、常にExif情報を保持しないようにしておきます。

「保存オプション」の一番下に、「この設定を保存する」にチェックしとけば、次以降は、保存時にデフォルトでExifデータ保持しない設定になってると思う。

保存が終わったら、念のため、ちゃんと消えているか確認することをオススメします。

私は、ブログなどにUPするときは、必ずチェックするようにしています。
うっかりものですから・・・。

まとめ

「JTrim」は、わりと使っている人も多いようです。
ネットでググってみると、使い方やTIP集など、すぐ見つかります。
初心者や、ちょっとした編集くらいなら、とても使いやすいソフトだと思います。

関連記事

年賀状の保存は、スキャンしてデータで保存してる
年賀状は、どうやって保存してます? 私は、スキャンしてパソコンで保存してます。 ここでも、画像編集ソフト「JTrim」を活用してます...
ブログランキング

ランキング参加中

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告