WordPressプラグイン、「AddQuicktag」で記事投稿エディタのカスタマイズをしてみた

ブログの投稿画面、どうやって使ってます?
見出しとか、リストとか、タグの挿入とかって、どうしてます?

投稿画面のエディター画面上に、よく使うタグをボタンで登録されてますよね。

でも、デフォルトのものって、使いづらい。
使わないものが多いし、使いたいものがない。

まあ、あんまり文字修飾をしないですけど・・・。

最近になって、もうすこし効率を良くしようと、いろいろ考えるようになった。
ホント、今更です。

たまたま、今使っているテーマの公式サイトを見ているとき、文字装飾などについての記事が、載ってました。
公式サイト

けっこう、いろいろできるんですね~。
今後は、もう少し、文章を装飾してきたいと、思えました。
それで、Wordpressのプラグイン「AddQuicktag」 を使い、タグを登録してみようとチャレンジしました。

プラグインをインストール

まず、wordpressにログインして、管理画面へ
「プラグイン」
「新規追加」
検索フォームなどを使い、に入力して、「AddQuicktag」 を探します。
目的のプラグインに間違いないか確認して、インストール
そして「有効化」

プラグインのインストールは、どれもだいたい同じだと思いますので、さすがに戸惑うことなく出来るようになりました。

早速、設定画面をみてみる。
wp-plugin01-20160321

・・・・設定画面がおかしい?
実際に登録する画面にて、なんか私の設定画面、他の人とちょっと違う・・・。

デザインが、崩れてる感じ?
なんでだろ?
ブラウザがおかしいのかな?
でもまあ、見かけ以外に不具合はないようです。

1 ボタン名 表示されるボタンの名前
2 ラベル名 ボタンにカーソルをのせると表示される名前
3 開始タグ 
4 終了タグ
5 アクセスキー
6 順番 ボタンを表示させる順番
7 8個のチェックボックス

と、7つの項目を入力して、「変更を保存」すれば、登録できます。

ここで疑問に思うのは、「アクセスキー」ですかね?
ほかは、表示されているままで分かるかと・・・。

アクセスキーは、いろいろ検索してみたけど、よく意味が判らないのでパス。
入力しなくてもOKなので、空白のまま。

右側のチェックボックスですが、これも最初わからなかった。
いまでも、ちょっと怪しいですが。
ようは、この登録したタグを、どこで使うのか?ってことですよね。

左から
ビジュアルエディター
post 
page
attachment
comment
edit-comments
widgets
一番右端のチェックボックスをチェックすると、全てのボックスにチェックが付きます。

うーん、とりあえずは、「ビジュアルエディター」・「post」・「page」の3つにチェックがあれば良いかなと思う。
コメントなどで、そんなにタグを使わないよね?(多分)

もとあるタグの削除

登録の下に画面を移動すると、今度は元からあるボタンの削除(非表示)が出来ます。
wp-plugin02-20160321
プラグインで登録する前に、すでにいくつかボタンがあります。
これも、使わないものは余計ですし、場所もとるので、非表示にしてしまいます。
これは、非表示したいタグボタンの右側にあるチェックボタンを、チェックすればOK。

とりあえず、この「登録」と「非表示」が出来れば、いいかな。

他にも、登録した内容をエクスポート・インポートできる。
これは、複数のブログを作っている人などには、便利ですね。

一通り登録したら、バックアップしておこうと思います。

ブログランキング

ランキング参加中

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告