Windows10にて、画像ファイルのプロパティや個人情報を削除出来なくなった。

画像ファイルをブログなどにUPするとき、Exif情報などを削除するようにしてます。

その方法は、いろいろあります。

私は、画像編集のフリーソフトか、Windows7のファイルプロパティから、削除してました。

特に加工や編集しないものは、ファイルのプロパティから削除してました。

やり方は、簡単。
画像ファイル(JPEG)を右クリックして、プロパティを表示。

win10-error01-20160720

「詳細」タブを開いて、下のほうにある「プロパティや個人情報を削除」をクリック。

win10-error02-20160720

「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成」をチェックして、「OK」

これで、情報を削除した画像(コピー)が作成されます。

特にソフトを使わずに出来るので、重宝していました。

しかし・・・
Windows10にしてから、これが出来なくなりました。

上記の操作をすると、
「COM Surrogateによってファイルは開かれているため、操作を完了できません。
ファイルを閉じてから再実行してください。」
とメッセージが出てきて、エラーとなってしまいます。

win10-error03-20160720

そもそも、COM Surrogateって、なに?

ハッキリとこうです!
という明確な答えは見つかりませんでしたが、Windowsにて必要なプログラムらしいです。

色々調べてみると、私と同じようにプロパティからの削除を利用している人たちが、同じメッセージが出て、削除が出来ない状態であるらしいです。

どうも、現状のWindows10で、この操作は出来ないらしいです。

他のツール(ソフト類)を使って、削除するしかないのかな?。

あまりソフト類を入れたくない人もいると思う。
そういう人たちが、この操作方法を使って削除していたのだと思うのだけど。

この先、この機能は使えるようになるのかな?
なってほしいなあ・・。

今のところ、私は、前から使っている(画像編集・加工の)フリーソフトにて、Exif情報など削除が出来るので、そちらを使用しています。
(ちなみに私が使っているのは、「JTrim」です。)
http://tsukiyumemi.com/jtrim-20160726/

2016年10月6日 追記
画像ファイルのプロパティにて、個人情報の削除が出来るようになってました。

ここ2、3日で数回、アップデートがあったようなので、そのうちのどれかかも?
多分、「Windows10 Anniversary Update」が、一番可能性あるかな?

ただ、一部、削除できてない情報もありました。
たまたまなのかな?
そのへんまだ、よく分かりません。
もう少し様子見したいと思います。

ブログランキング

ランキング参加中

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告